「着想は眠らない」展

今年で 10回を迎えた着想は眠らない展、テーマは< ヒカリ >です。
今年もアートを愛する皆様に多数ご参加いただき、ありがとうございました。
この数年のコロナ禍で、暗い時代を過ごしてきた私たちですが、
ようやくウイズコロナの時代となり、新たな時代の< 光 >が見えてきたように思いたいところです。

この 10年間、「着想は眠らない」展でいろいろな作品に出会わせていただきましたが、
今年は特にそれぞれの作品のアート感度が高く、驚きました。
忘我亭のドアを開けた途端、ひとつひとつの作品から放出される熱いエネルギーが
不思議な< ヒカリ >となり漂い、異次元の空間となっていました。
その中から、私の想像を超えた形で< ヒカリ >を表現していただいた作品を選ばせていただきました。

株式会社 インターリンク
代表取締役 小野 三四子




art賞

選定をしようと会場へ一歩踏み込んだとたん、まさに< ヒカリ >によって作品に導かれました。
光を通した石たちは、もともと持っている輝き以上に美しく魅力的に輝いていました。
組み合わされた石たちは共鳴し合いシナジー効果を発揮して、美の宇宙を作り出しています。
ひとつひとつの石をじっと見つめていると、そこにもそれぞれの宇宙を感じました。
射してくる光によって石の表情がコロコロと変わるので、ずっと見続けていたい作品です。


作品
Name
パッパラ
Title
一人の光から 響きあう光へ
Techniques used
天然石ワイヤーアクセサリー、苔テラリウム
Concept
皆の本質の光を天然石で表現しました。一人一人の光が集まって、重なってオーケストラの様に響きあう世界へ
受賞者のコメント

作品の展示という初めての機会とこのご縁、そして素晴らしい賞をありがとうございます。
誰もが個性ある美しい存在である。その個性の光をアクセサリーにし、日々慈しみ愛でることでより美しく輝く。
たくさんの個の光が共鳴し豊かな地球と響き合う。
人も地球も、伸び伸びと生き生きと楽しんで、奏でた先で一つに熟成されていく。呼吸するように一つになる。
そんな世界の種まきとなれば幸いです。



concept賞

この作品は、森の中に実際に自生している植物のようです。
光を求めて、精いっぱい伸びていこうとしている強さが表現されています。
強さを表現しながら、ひとつひとつの芽はまわりの空気に溶け込むような
< ゆるい形 >になっているので、自然との一体感を感じさせてくれます。
森の中を散策している時に、踏みつけないように気をつけないといけません。


作品
Name
酒井みのり
Title
発芽
Techniques used
Concept
プランターに入れた種が太陽の光で芽が出て凄いと感じて作りました。
受賞者のコメント

この度はインターリンク concept 賞の受賞ありがとうございます。
この展覧会に向けて、始めはテーマの「 光 」を作品に取り入れたいと考えていましたが上手くいきませんでした。
このことが切っ掛けになり自分なりに光について考えることが出来たと思います。
光について改めて考えてみると夏に太陽の光が肌に当たる感覚を思い返しました。
太陽の光はとても強くて私の所まで届くし、その力で植物の芽が生まれることがすごいと思いこの作品を作ることが出来ました。



sympathy賞

かわいくユーモラスな植物や虫たちが楽しく踊っているようですが・・・
ひとたび魔法の光をあびると、それぞれの表情は怪しく変わります。
そのギャップがとても魅力的な作品です。
ハロウィンの夜には、蓼科の森でも< 魔色の夜会 >が盛大に開かれているかも知れません。


作品
Name
森 尚子
Title
魔色の夜会
Techniques used
resin
Concept
怪しく光る夜の魔界をちょっと覗き見 魔草魔虫達の宴です
受賞者のコメント

この度はインターリンク sympathy 賞に選んで頂きありがとうございました。
異世界に興味があり、こんな生き物いないかな?と日々妄想しています。
怪しく光る作品をみて楽しんで頂けたら幸いです。


出展された作品はこちらからご覧いただけます。